ツールの代理店を超えた、お客様への多面的な支援をコミュニティで実現。「ギャプライズ」が目指す顧客支援の形とは。

株式会社ギャプライズ 宮薗央光氏導入インタビュー

2021/09/13

世界最先端のテクノロジーとWebマーケティングノウハウを提供する株式会社ギャプライズ。同社はさらなる顧客体験の向上を実現するためにユーザーコミュニティ施策を開始し、それらを実現するツールとして「coorum(コーラム)」を導入。その立ち上げを担った宮園氏に導入の背景と今後の展望を伺いました。

株式会社ギャプライズ

 世界中から厳選したデジタルソリューションを顧客に提案し、コンサルティングやWebサイト最適化、広告運用なども含めた総合的なデジタルマーケティング支援を提供している。

“デジタルマーケティングといえばギャプライズ”を実現すべく、お客様へのノウハウ提供を加速

―― まずは御社が提供しているサービスと、どのような背景からcoorum(コーラム)を導入したのかについて教えていただけますか。 Webマーケティング領域を中心に、「monday.com」をはじめとする世界中のテクノロジーを厳選し、お客様の課題に応じた最適なサービスの提案(及び活用のサポート)をしています。

弊社は単なるツールの代理店と思われてしまうことがありますが、それだけに留まらずコンサルティングや活用支援含め、お客様のビジネス全体に貢献できるよう、日々伴走しています。そのため、「デジタルマーケティングといえばギャプライズ」とお客様に思っていただけるよう、ツールのサポートを超えたカスタマーサクセスをより一層強化していきたいという思いがありました。

その中で、既存のお客様とより密なコミュニケーションを取るための基盤としてツールの導入を検討し始め、複数のサービスと比較する中で最終的に「coorum(コーラム)」を導入しました。

―― 施策の中でcoorum(コーラム)をどのようにご活用していますか。 弊社が提供するサービスをご利用していただいているお客様に対し、アップデートの共有や活用Tipsの配信、Q&Aを実施しています。弊社からお客様への一方的なコミュニケーションではなく、Q&Aなどを通じた双方向のコミュニケーションが可能なので、ギャプライズとお客様、そしてお客様同士のつながりが今後ますます加速することを期待しています。また、その他にも動画などの学習コンテンツも掲載しており、サービスをより活用するためのナレッジを今後益々増やしていきたいと思っています。

BtoB領域での圧倒的な実績と、ツールの枠を超えて親身に課題と寄り添う姿勢が決め手に

―― 複数サービスがある中でcoorum(コーラム)を選んだ決め手は何でしたか。 コミュニティ施策を運用するにあたって様々なサービスを比較検討しましたが、coorumさんなら弊社が目指す「デジタルマーケティングといえばギャプライズ」という世界観を実現できると考えたからです。

まず弊社は、BtoBのSaaSを複数展開しているのですが、coorumさんはSaaS領域の企業を多く支援しており、この領域において最もノウハウを持っているのではという安心感がありました。

また、弊社では元々ユーザー会を実施していたのですが、規模を拡大しながらお客様に製品の価値をより深く理解、共感していただくにはどうすればよいかなど、ツールの枠を超えた事柄についても親身に相談に乗っていただいています。

機能面では、ページにカスタマイズ性があることも世界観を打ち出していく上で重要なポイントでしたので、実績・支援体制・機能の3つの観点からメリットを感じました。

顧客がコミュニティを通じて複数サービスに触れることで、さらなる価値提供を目指す

―― 最後に、今後の展望を教えてください。 一つのツールをお客様に提案するだけでなく、他にもギャプライズが厳選する素晴らしいテクノロジーのツールを提案することでより一層お客様のデジタルマーケティング支援を拡充していきたいと考えています。

そのためにコミュニティを通じてお客様がギャプライズの世界観に共感していただき、他のツールに触れるきっかけになればいいなと思っています。また、ツールの提供だけではなく、Tipsコンテンツやマーケティングに関連するノウハウを提供することで、お客様に対して多面的な支援を行っていきたいです。


資料ダウンロード・お問合せ

ユーザーコミュニティ施策に関するお問い合わせやご検討中の方はお気軽に資料請求下さい。

無料 coorum がもっと分かる資料をダウンロード お問合せ