img_community_ver3_mv

事業成果につながる
コミュニティ運営ならcoorum

coorum(コーラム)はコミュニティの
構築・運用・分析だけでなく事業貢献にコミットします

img_community_ver3_mv

無料資料をダウンロードする

コミュニティを運営しても
“事業成長できない”
と思っていませんか?
community_template_ver2_speech_bubble

coorum導入による
“事業貢献の成果”

community_template_ver2_feat01
コミュニティメンバーの
LTV1.8(※当社調べ)
community_template_ver2_feat01

コミュニティに参加しているお客様の購入金額が会員平均と比較して1.8倍高い

community_template_ver2_feat04
お客様と一緒に新しいフェア商品を
企画し、5.3倍販売数を記録
community_template_ver2_feat04

コミュニティ内でフェア商品のアイデアを募集し試食会を実施したうえで一般販売

community_template_ver2_feat05
ツールの新規お客様に対するオン
ボーディングの工数を
1/6に削減
community_template_ver2_feat05

ポータルサイトを作成することでテックタッチへのシフトに成功し、工数を10時間削減

お客様の課題に合わせた
coorumの活用方法

community_template_ver2_usage
A
ロイヤル顧客・リピート顧客の体験価値向上

ロイヤル顧客の体験価値を向上しロイヤリティの向上・LTVの向上を実現

D
顧客起点マーケティング

コミュニティで得られた解像度の高い顧客インサイトをマーケティング施策(4P)に活用して効果を最大化する。

B
一般顧客以下のロイヤリティ育成

新規、一般顧客のロイヤリティを向上を実現。
新規顧客獲得だけで終わらない効率的なリピート・ロイヤル顧客の作り方。

E
UGCをプロモーションに活用

コミュニティで得られたUGCをプロモーションに活用して効果を最大化する。

C
カスタマーサクセス/サポートの最適化

お客様からの問い合わせ工数の削減やサービスの利便性向上。

ロイヤル顧客プラットフォームcoorumの
サービス詳細や活用事例を知りたい方は

ロイヤル顧客を中心にした売上アップ・LTV最大化を実現するcoorumについて
更に詳細を知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

無料 coorum がもっと分かる資料をダウンロードする お問い合わせ

ロイヤル顧客マーケティングの実践事例

幅広い業界・業種の
オピニオンリーダーが導入

  • glico
  • 株式会社エポスカード
  • 株式会社ルネサンス

コミュニティ運営
事業成長
実現するためのcoorumの特徴

コミュニティ活性化機能

企業とお客様、お客様のコミュニケーションを円滑に取るための機能を標準装備。

コミュニティを盛り上げる機能、顧客のロイヤリティを育成する機能、コミュニティの運用工数を削減する機能など様々な機能を備えており、貴社の要望にあわせてカスタマイズできます。

分析機能

コミュニティ全体の活性化状況などの分析はもちろん、ユーザーごと、ユーザーの行動ごと、コンテンツごとに分析することができます。

またAPI連携が可能なため、貴社の購買データとコミュニティデータを突合することで、購買前後の行動やニーズを発掘し、顧客理解を推進。

分析機能の詳細を見る

プロフェッショナルサービス支援

コミュニティ立ち上げ実績200社以上の知見とノウハウを活かし、立ち上げから運用、効果の最大化まで手厚く支援します。

導入企業のご担当者様が集まるコミュニティがございますので、コミュニティ内で課題解決や同じ業務に努める人たちの繋がりが醸成されます。

カスタマーサクセスの支援内容はこちら

ロイヤル顧客プラットフォームcoorumの
サービス詳細や活用事例を知りたい方は

ロイヤル顧客を中心にした売上アップ・LTV最大化を実現するcoorumについて
更に詳細を知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

無料 coorum がもっと分かる資料をダウンロードする お問い合わせ

ロイヤル顧客の育成・蓄積を行う
コミュニティ運用communityCOMMUNITY

PHASE01

コミュニティの初期設計

コミュニティの初期設計

企業とユーザー双方に価値のあるコミュニティ運営を実施する基盤を構築

目的や目標の設定はもちろん、ブランド世界観を再現するコミュニティデザインや、企業の戦略パートナーに適したCS担当者の選定などコミュニティ運営の基盤を構築します。

コミュニティの初期設計

目的/KPIの設定

目的/KPIの設定

企業とユーザー共に価値あるコミュニティ作りを行うための目的・目標の設定。

コミュニティデザインの設計

コミュニティデザインの設計

企業とユーザー共に価値あるコミュニティ
作りを行うための目的・目標の設定。
自由度の高いUI /UXでブランドの世界観を高いレベルで再現。

担当CSの選定と学習

担当CSの選定と学習

お客様の戦略パートナーに適した担当者の選定とブランド理解を高めるための学習。

PHASE02

初期立ち上げ

初期立ち上げ

ロイヤル顧客のペルソナを具体化し
コミュニティの核となるユーザーを選定

コミュニティを成功させる上で重要な初期メンバーとしてコアとなるメンバーを招待できるかが重要です。

初期立ち上げ

ロイヤル顧客のペルソナ設定

ロイヤル顧客のペルソナ設定

ファン・ユーザーの企業に対する想いと企業側の想いをすり合わせ。

コアメンバー候補と1on1

コアメンバー候補と1on1

コミュニティの趣旨説明やコアメンバーとしての適正を見極め。

コアメンバーを集めたキックオフ

コアメンバーを集めたキックオフ

コアメンバー同士のコミュニケーションを活性化させる。

PHASE03

コミュニティの拡張

コミュニティの拡張

ロイヤリティの高い顧客から順番に
コミュニティに招待していくのがセオリー

これまでの導入実績から、コミュニティへの招待を行うチャネル(媒体)やインセンティブによってロイヤリティが高い・低いなどの傾向があるためCS担当が適切な順序をアドバイスします。

初期立ち上げ
PHASE04

ロイヤリティ向上のPDCA

ロイヤリティ向上のPDCA

ロイヤル顧客の育成・蓄積・分析の
サイクルを回してコミュニティを活性化

コミュニティを成功させる上で重要な初期メンバーとしてコアとなるメンバーを招待できるかが重要です。 コミュニティ全体の状態やコミュケーションが活性化されたコンテンツなどのコミュニティに関する分析機能だけでなく、顧客単位の分析や顧客同士の交流度合いを分析する機能が備わっています。

ロイヤリティ向上のPDCA

ユーザータイプバランス分析

ユーザータイプバランス分析

ユーザーのアクティブ度合いでタイプを分類し比率を継続的に観測

RHM(リレーションヒートマップ)分析

RHM(リレーションヒートマップ)分析

ユーザー間同士の交流頻度を分析し活性化度合いを分析

顧客単位の分析

顧客単位の分析

ロイヤル顧客の行動ログを分析しロイヤリティ向上の法則を導き出す

お役立ち資料WHITE PAPER

お役立ち資料の一覧へ